自動車評論家の石井昌道さんと、テスラ『モデルS』を借りて撮影に行ってきた。

models01

搭載している電池は85kWh。カタログスペックの一充電航続距離は500km。
広報用車両のナンバーも「500」だ。

500kmって、ほんとかよ。と思うが、石井さんは東京から京都までこのモデルSで480kmを走って、残りの航続距離が20kmと表示されていた、という「記録」の持ち主だ。力の強いモーターを積んでいて、90km巡航くらいで効率がいい特性があるからこそ、EVの運転経験豊富でメーカーのテストドライバーも務める石井さんのドラテクあってこそ、の数値でもある。

南青山のテスラショールームから、箱根までは100km弱。試乗を兼ねた撮影で、がんがんアクセルを踏んだけど、もちろん、途中で充電する必要なんてまるでなく、余裕で往復できる。

と、理屈ではすでに知っていることだったけど、実際に走ってみると、500kmの「力」を痛感した。

今まで、電気自動車で長距離を走る時には、充電へのプレッシャーに「慣れ」たり「楽しむ」のが大切、みたいなことをさんざん書いたり言ったりしてきたけれど、500km分の電池を積めば、そんなことはぶっ飛んでしまうのだ。

電気自動車だろうが、エンジン車だろうが、そんなことはどっちでもいい。という感じ。

高速の料金所を過ぎて、クンッとアクセルを踏み込んだ瞬間に背中がシートに張り付く加速感は圧倒的。
小賢しい理屈は抜きにして、まったくすばらしいクルマ、という印象だ。

なんだ、もうこんなEVが作れるんじゃないの。
日本人としては「がんばれ日産、がんばれ三菱」って感じである。

モデルSは発表当初、日本円にして500万円以下の、電池の搭載量を一充電航続距離250kmくらいに減らしたバージョンも用意されていたんだけど、予約を受け付けてみると安いやつは売れなくて、いっぱい走れる上級バージョンばかりが人気。生産能力をばらけさせるのがもったいない、ということで、最安モデルは発売されないことになったという。

今、日本でも350kmくらい走れるタイプと、500km走れるやつの予約を受け付けているが、売れているのはほとんど500kmのタイプらしい。まだ、正式な値段は発表されていないけど、おおむね1000万円くらい。高いよね。でも、たとえばBMWやメルセデスを買う人にとっては、十二分に「検討」すべき車種になる。

今日、海辺で置き撮りしてる時、すぐ近くにベンツのSクラスを停めて日光浴してたおじさんが、興味津々でモデルSに近寄ってきた。僕と石井さんでいろいろ説明してあげて、クルマに積んであったリーフレットも渡しておいたから、たぶん、あのおじさんが次にクルマを買い換えるときには、テスラを選ぶかもしれない。

今の僕には、とても1000万のクルマを買うことはできないけどさ。。

欲しいよぉ、モデルS。