日刊SPA!(外部リンク)

日刊SPA!(外部リンク)

おっと。

うっかり仕事にかまけていたら、今月、まったくブログを更新していなかった。

ここ数年、半年に一度くらい「こまめにブログを書くぞ」と決意して、だいたい一週間くらいで尻すぼみになる繰り返し。ま、日記もまともに付けたことないことを思うと、それなりに、よく続いているな、とは思う。

とはいえ、まるまる一カ月更新なしじゃ寂しいので、6月22日にアップされた日刊SPA!の不定期連載記事のお知らせです。

日本をつなげ!プロジェクト 第7回『知的なEVオーナーが渇望する「バカボタン」とは?』

急速充電器が設置された関越道三芳PAで開かれた、日産リーフオーナーさんのオフ会にお邪魔したレポートです。

EVはエコロジーな乗り物として注目されてるけど、この時いろいろオーナーさんと話してみて感じたのは、彼らは日産リーフをエコカーとして楽しんではいるんじゃない、ということだ。

当然だ。

クルマは、楽しいから大枚はたいて買うんだもの。

ガソリンなしで走る=エコロジー、なんてのは、クルマの楽しさにはあまり関係はない。

すなわち。

EV普及にとって大切なのは、EVがエコロジーであることを強調するより、EVは楽しくて新しい乗り物なんだということを、もっと知らしめるべき、ということだ。

で。

「バカボタン」を強調したタイトルの記事にしてみました。

EVをいろいろ取材してて、最近とみに感じているのは、EVはガソリン車の代替じゃない、ってこと。

EVならではの、新しい楽しさや「おバカさ」を、創造していく乗り物なのだ。

まだハンドル握ってないけど、テスラSはEVが創造的乗り物だってことを具現することに成功したんじゃないか、と感じている。

うーん、マイEVが欲しいなぁ。

062801