村上春樹の新刊が、いきなり100万部を突破したらしい。すげえなぁ。

僕の青春時代はちょうど『風の歌を聴け』や『限りなく透明に近い〜』から始まる村上春樹&村上龍のいけいけどんどん時代に重なっているし、『世界の終わり〜』までは、わりと熱心な村上春樹の読者だった。

「やみくろ」の存在感が好きだったし。

でも、『ノルウェーの森』がなんだか退屈で、それ以降、あまり熱心に読んでいない。いちおう『1Q84』は読んだけど、『アフターダーク』は『ノルウェー〜』同様に挫折した。

なんだろ。

ちょうど同じ頃、村上龍が『半島を出よ』とか『希望の国のエクソダス』とか、ちょいと社会派なテーマを楽しく描いた作品を連発してて、「こっちのほうが面白い」と感じてた、ってのもあるだろう。

ま、自分が歳とった、ってことなのかな。

ふと。

amazon の Kindle本で「村上春樹」を検索してみた。

残念ながら、小説はまったくKindle化されていないようだ。

それはともかく。

「村上春樹」の「キーワードに関連する商品」でわりと上位に、

とか、

てな本が並ぶのは、どうしてなんだろう。

「商品の説明」とか見ても、「村上春樹」的なワードはまったく見当たらないんだけど。。。

もしかして、amazonが、

あ、村上春樹ね。こんな感じ?

と、鼻で笑いながらこういうのを提示してる、ってこと?

んな、アホな。

ともあれ、ちょっとバカにされた感がひしひし。。。

なんだかな。