発売休止直前に、あわてて買って食べてみた『ガリガリ君コーンポタージュ味』。最近、いつの間にか復活してて、コンビニとかの冷蔵庫にいっぱい並んでいる。コーンポタージュ味には賛否両論あるようだが、個人的には嫌いじゃない。

それにしても、コーンポタージュの「風呂」っていうのは、いったい、誰が思い付いたのやら。

0416

箱根の小涌園に、4月27日(土)~5月6日(月)の期間限定で、「ガリガリ君コーンポタージュ風呂」がお目見えするらしい。

風呂の装飾に『ガリガリ君コーンポタージュ味』がいっぱい、だけじゃなく、1日4回「コーンポタージュソース」を風呂に投入。売店では、コーンポタージュの香りがする入浴剤まで発売されるという。

なんつうか、人間がでっかいクルトンになった気分、ということか。

漂う香りを想像すると嗚咽しそうだが、入浴剤には抗炎症・抗菌(ニキビ菌)・保湿に効果もあるらしい。

湯上がりには念入りにシャワーを浴びて、できれば普通の浴槽でコーンポタージュを流しきらないと、風呂上がりの火照った肌からコーンポタージュの香りが、と想像するとまた嗚咽しそうになるけどね。

とはいえ。

コーンポタージュの風呂。好んで入りたくはないけど、座興的に一度入ってみたい、気はする。

そもそも、悪ふざけが過ぎる感じのこういうの、個人的に嫌いじゃない。

思い付いた人。そして、このプロモーションを受け入れてGWのイベントにしてしまった小涌園の担当者の人は偉いな、と、思う。

個人的に、GWの箱根なんて決して近付かないと思うけど。。。